2014/03/04

Jag kände mig lycklig den morgonen.


Jag hade en dröm.
Jag drömmer ofta.
Dock brukar jag glömma historien från drömmarna när jag vaknar.
Men, jag minns drömmen jag hade inatt.
I den första blev jag vän med en räv.
Jag var desperat att skydda räven.
Räven var mycket varm och mjuk. 

Nästa dröm: 
Det fanns ett tåg där jag och Anton åkte till jobbet. 
Det var Yamanote-linjen.
Det var ett japanskt tåg, men när jag gick ut ur tåget var jag i Rosendals trädgård.
Det borde ha varit Tokyos station där jag gick av. 
Men, det var i Sverige på sommaren.
Blommorna var mycket vackra.
Jag kände mig lycklig den morgonen.





スウェーデン語で今日の夢の話を日記に書きました。
どうしても日本語に書き直したりすると堅苦しくなってしまいます。
日本語の方は下に書きますね^^

文章を作るのは覚えるよりも楽に感じます。
もっとちゃんと話せるようにいろいろ勉強したいです><。。





私は夢を見た。


私は夢を頻繁に見ます。
しかし朝になると私はその事をすっかり忘れています。
でも今日の夢を覚えています。
一つは、私はキツネと友達になりました。
私は狐を保護するため必死でした。
その狐はとても暖かくて柔らかった。

もう一つの夢は、
私はアントンと電車乗って仕事に向かっていました。

乗っていたのは山手線です。
それは日本の電車だけど、降りたときRosendals Trädgårdに居ました。

私が降りたのは東京駅のはずだったけど
しかし私はスウェーデンの夏に居ました。

花たちはとても美しかった。

私は朝、幸せに感じました。

==================

スウェーデンに言った時に彼が連れて行ってくれた

Rosendals Trädgård

そこにいく夢を見ました。

なんだかすごく暖かくてのんびりした夢でした〜〜。

今日も良い夢が見れると良いなあ〜〜!^^





No comments: